プラセンタは肌の若返りに効果のある成分

プラセンタは、肌の細胞の増殖を活発にすることで、肌荒れや加齢によるシワやたるみ、メラニン色素の沈着を改善してくれます。プラセンタを使えば、若い肌なら何年も待たなくても、元の柔らかい肌に生まれ変わります。ここでは肌の調子を整えるプラセンタについて紹介します。

プラセンタは更年期障害の治療に効く

time 2018/08/26

プラセンタは更年期障害の治療に効く

更年期障害は、加齢によって女性ホルモンが減り、ホルモンバランスが崩れることで生じます。

その影響で自律神経が乱れ、ほてり・不安・肩こり・生理不順などさまざまな症状が出るのです。

重症になれば、うつ症状を起こして、自殺する可能性すらあるのです。

そこで、更年期障害の治療として、プラセンタを投与します。

プラセンタを投与すると、女性ホルモンの減少を防止できるのです。

しかも、プラセンタには、アルブミンやグロブリンといったたんぱく質も含まれています。

たんぱく質は、女性ホルモンをつくる材料です。

多く取り入れることで、生成する力を向上させ、ホルモンバランスを整えます。

また、プラセンタには、免疫力を向上させたり、新陳代謝を高めたりする力もあるのです。

自律神経の乱れは、新陳代謝を鈍らせ、肌荒れなどの肌トラブルを生じさせます。

プラセンタは、そういった肌トラブルを解消できるのです。

更年期障害の治療には、ホルモン補充療法や漢方療法などがあります。

プラセンタは、その中でも副作用が少なく、効果も大きいのでおすすめです。

プラセンタの更年期障害の治療は保険適応

プラセンタ注射は、一般的に美容目的であることが多く、保険適用外です。

しかし、更年期障害のためであれば、保険適用となります。

更年期障害の治療では、45歳から59歳までの女性が、保険適用の対象とされているのです。

治療内容は、週に2回から3回程度の注射治療です。

2か月目からは、治療経過を見て、注射回数を変えていきます。

プラセンタ注射は、いきなり効果を実感できるものではありません。効果が出てくるのは、治療を始めてから数回後です。

治療期間も定めはありません。

自身で体が更年期障害で悩まなくなったら治療を終えてもよいのです。

途中でやめたからと言って、それ以前よりも悪化することはありません。

治療を再開したい場合も、すぐに再開できます。

ご自身の通いやすい頻度での通院も可能なのです。

料金は、保険適用で初回が初診料を含めて1000円以上かかります。

しかし、2回目以降は、再診料込で500円程度です。